●みんな私です。ウィッグを替えてますけど。
プロファイル画像1 プロファイル画像2 プロファイル画像3 プロファイル画像4
(左から1つ目と3つ目は女装サロン・エリザベス会館のスタジオで写してもらったもの。2つ目と4つ目は家で女装してお出かけし、自撮りしたもの。)


女性の衣服にフェチなこと

若い頃は自分がどうして女性の服を着たいと思うのか分からなかったんですね。でも、インターネットが普及して、いろんな情報を得ることができるようになったら、ようやく女性の服に対するフェチが原因だと分かってきました。

女装する男は、かつては「おかま」と呼ばれて、同性愛の欲求で女装していると思われていたそうなんですね。やがて、「性同一性障害」という病気が世の中に広く知られるようになって、メディアで取り上げられる機会が多くなると、女装者=性同一性障害と思われてしまったりするんですね。まったく、マスメディアの力は恐ろしいものです。

確かに世の中には、同性愛の欲求で女装する人も、性同一性障害で女装する人もいらっしゃるんでしょうけど、どちらも自分の子供の頃からのことをいろいろとを思い起こしてみても、当てはまらないんですね。いったい、自分が女性の服、特にスカートが好きで、はいてみたいと思うのはなぜだろうといつも思っていた、というか若いときは悩んでいたんですね。でも、やがて、インターネットが広まって、女装に関してそれまでにないぐらい、いろんな情報を得ることができるようになってきました。ようやく自分の女性の服に対する欲求はフェチの一つだということが分かってきたのですよ。

フェチ(フェティシズム)という言葉を調べると、「身体の一部や衣服・その他記号化された様々な物品・現象に『個性的』な執着を見せたり、性的興奮を示す傾向を指す俗語の一種。」(Wikipediaによると)だそうで、女性の衣服に性的興奮を感じる私は、たしかに当てはまります。思春期ぐらいになると、1人H(マスターベーション)をやり始めますが、下着姿などのセクシー写真やヌード写真なんかよりも、中学生向けの学年誌や、ふつうの雑誌に載っている、ふつうに服を着た女の子の写真やイラストなんかを見ながらやっていました。そのほうが興奮できるんですよ。進学で親元を離れてからは、女性誌(ファッション誌で最初は「JJ」とか「CanCam」などから)を買って、それを見ながら1人Hしていました。50代になったいまでも、1人Hは女性誌や通販カタログなどで服を着た女性の写真を見ながらです。こうしてみると、女性の服への私の執着もかなりのものだと思えるんですね。

実は、女装する男性たちのサイレントマジョリティは、女性の服や靴、アクセサリーなどへのフェチな欲求でやっている人たちではないかと思っているのですよ。女性の服、特にスカートは、多くの人にとって、子供のときに最初に意識する、女性を示す記号であるわけですから。民族衣装などの例外を除けば、日常生活で着る服で、スカートは男がはくことはない、女の人だけのものなので、スカートに対して潜在的に性的な興奮を感じる男は、相当に多いと思っています。そして、衣服・靴・アクセサリーなどへの性的興奮は、自分で身につけてみたいという欲求になることが多いのも確かでしょうね。だから、世の中には、「スカートをはいたらどんな感じか、一回やってみたい。」というレベルからの、潜在的な女装願望を持つ人は、かなり多いんじゃないかなと思うんですよ。

私が持っている電子辞書には、国語辞典で古くからあるものが収録されています。その辞典で「フェティシズム」を調べると、「異常性欲」とか「性的倒錯」とかいった言葉が出てきます。古くからある辞書だからしょうがないのかもしれないけど、こんな言葉を使ってほしくはないですね。

かなり前ですが、居酒屋に置いてあったスポーツ紙か夕刊紙かを見ていたら、フェチを取り上げた記事に、
「男の数だけフェチがある」
という見出しがありました。確かにそうだと思いましたね。ほとんどの男は多かれ少なかれ、なにがしかのフェチな欲求をを持っていると思いますよ。そして、欲求の中身は1人1人違うんでしょうね。私の、女性の服、特にスカートへのフェチも、その欲求がかなりな強さなのも、そうしたものの一つで、つまりは個性のうちだと思っています。だから、「異常」とか「倒錯」なんて言われたくないですよね。

「個性のうち」なんてことは、若いときは思わなかったですけど、年を重ねるうちにそう思えるようになってきました。なので、今はこれも自分の個性と思って、気楽に女装をやっているんですよ。

一番好きなのはフレアースカート

だからと言って、フレアー以外のスカートが嫌いなわけではありません。

私のコレクションにはタイトスカートもプリーツスカートもあります。確かにフレアースカートが一番、多いですが。

フレアースカートが好きといっても、フレアーとそれ以外のスカートを並べられて、「どっちがいい?」と聞かれたら、フレアースカートのほうがいいというぐらいの感覚。あるいは、女性が二人いて、顔やスタイルに大きな差がなくて、一人がフレアースカート、もう一人がフレアー以外のスカートをはいていたら、フレアースカートの女性のほうに、つい目が向いてしまうとか、それぐらいのものなんですね。

好きな服のテイストはフェミニン系

「フェミニン」という言葉を辞書で調べると、「女性的な」とあったり、それにプラスして、「女性の繊細さや、優しさといったニュアンスを含む」とあったりしますね。

ファッションでフェミニン系という場合は、こういう感じになんでしょうか。

  • 清楚で上品
  • きちんと感・・・別の言い方では「コンサバファッション」というのもありますね。「コンサバ」は"conservative"(保守的な、地味な、控えめな)のことですが、きちんとした家庭で育ったお嬢さんふうのファッションという意味だったりします。つまり、派手とかセクシーとか、あるいはカジュアル過ぎるとかいったものではないということでもあるんですね。
  • 甘め、スイートというのもフェミニン系ファッションの大きな要素ですね。これが、女性の繊細さ、優しさ、あるいは可愛さを示すものでしょう。フェミニン系ファッションで甘めの典型というと、たとえば、ツインニットとフレアースカートの組み合わせだったりしますね。
  • もう10年か20年かそれぐらい前、新聞に載っていた結婚情報サービスの広告に、こういうフレーズがありました。
    「穏やかな家庭に育った、気持ちの優しいお嬢さん」
    こういうお嬢さんが着ている服は、やっぱりフェミニン系ではないかと思えますね。
こういった感じのファッションが似合う女性が好きなので、自分が女装するときも、やっぱりそんなふうになりたいのですよ。


女装が好きでも、どんな感じの女性に変身したいかとか、どんな服が好きかを伝えるときに、一つの言葉だけだとなかなか、うまく伝わらないんですね。

単に「可愛い」というと、フリルやレースの飾りが一杯とか、ロリータ系とかいったイメージを思い浮かべられてしまいます。これも10年か15年か前ですが、テレビの情報バラエティ番組で局の男性アナウンサーが女装体験をするというのを見たことがあります。場所はどこかの女装バーだったと思いますが、そこで、どんな感じがいいと聞かれた男性アナウンサーが、「可愛い感じ」と答えると、ロリータ系の服やウィッグ、メークの女装にされていたんですね。

「清楚で上品なお嬢さん」というと、かなりイメージは限定されますが、単に「お嬢様」というと、金持ちの娘や上流階級の娘で高慢とか、成金の娘でやたらブランドもので飾り立てて趣味が悪いとか、箱入り娘で生活力無しとか、マイナスイメージを思い浮かべる人が多いですね。前に、「ヒョウ柄着ているからお嬢様」などと言う人がいて、「何考えてんだ!こいつ。」と思ったことがあるんですが、その人は、成金の娘ふうのイメージで「お嬢様」を捉えていたのかもしれませんね。

「フェミニン系ファッション」について自分が持っているイメージを、上のようにいろいろと書き並べましたが、でも「フェミニン」という言葉だけでも、イメージが伝わりやすいと思えるんですよ。

それは、女性誌や、通販カタログ、通販サイトの女性ファッションのところに、「フェミニン」という言葉が登場する頻度が高いからです。

たとえば、通販のベルメゾンのサイトで、女性ファッションのところを見ると、「テイスト」というメニューがあって、そこを見ると、

  • 大人カジュアル
  • フェミニンスタイル
  • スタイリッシュエレガンス
  • 大人グラマラス
と4つが出てきます。私が最初に見るのは、やはりフェミニンスタイルですね。フェミニン系ファッションの画像がいっぱい出てきます。

こうしたものがあるおかげで、フェミニン系ファッションのイメージが、世の中に認知されていると言っていいと思えます。

ちなみに、私がフェミニンの次に見るのは、スタイリッシュエレガンスと大人グラマラスのどちらかで、カジュアルを見ることは、ほとんどないですね。

言葉にも流行りすたりはあるし、時間が経てば「フェミニン」という言葉の露出度も低くなるかもしれませんが、私がこのサイトを作った2014年では、頻繁に見かける言葉ですし、ベルメゾンのサイトの女性ファッションテイスト別メニューも上のようなものになっていました。


こうやっていろいろ書きましたが、女装する人でフェミニン系ファッションが好きな人は、やはり少数派なのかと思えます。ネットで女装姿を公開している人を見ても、エリザベス会館のような女装サロンで出会う人を見ても。

でも、その一方でこうも思えるんですよ。女装しても、好みの服は人それぞれだから、みんなそれぞれ少数派なのかもしれないと。エリザベス会館に来る人を見ても、セクシー系が好きな人、和服が好きな人、ドレスが好きな人、コスプレが好きな人、アイドルのステージ衣装ふうが好きな人、ギャルふうが好きな人、etc.、そしてこうした中の複数のファッションが好きな人もいるんですね。

みんなそれぞれ少数派なら、別にそれでかまわないですが、私のようなフェミニン系好きもいるんだぞということを言いたいという気持ちはあります。それが、このサイトを作った理由の一つでもあるんですね。

女装しての過ごし方は写真撮影して、そしてまったり

家でも、女装サロンのエリザベス会館へ行ったときでも、着替えて、メークが終わったら、最初は写真撮影です。家では三脚にカメラを載せてセルフタイマーで写し、エリザベス会館では有料ですが撮影してもらいます。

そのあとは、家では姿見の鏡、エリザベス会館では壁一面の大きな鏡で、自分の姿を鑑賞したり、コーヒーを飲んだり、お菓子(甘いお菓子)を食べたり、女性誌を読んだり、通販カタログの女性ファッションを見たりと、女の子が自分の部屋でやっていそうだと思えることをやりながら、まったりと過ごしています。

女の子がやっていそうな過ごし方を繰り返すうちに、「次の日曜は、女の子ごっこしようかな...」とか、「さあ、これから女の子ごっこしよ!」という言葉が自然に頭に浮かんでくるようになりました。それでこのサイトのタイトルに「女の子ごっこ」という言葉を使うようにしたんですね。

女性誌や通販カタログ、通販サイトのモデルさんを参考にして撮影

女性の写真を見て1人Hするのだって、男性向けの写真集に載っているようなセクシー写真でなく、女性誌や通販カタログ、通販サイトのモデルさんの写真を見ながらやるほうが好きで、ずっとそうしてきたんですね。だから、女装しても、自分が好きな感じの、女性の写真と同じように写したいと思うんですよ。なので、そうした写真で、モデルさんたちがやっているポーズを参考にして、というか、真似してポーズを取って写すんですね。

やっぱり女性の服へのフェチな欲求が強いから、服を見せるための写真である女性誌、通販カタログ、通販サイトの写真の撮り方と相性がいいのだろうと思っています。載っている服にもいろんなテイストのがありますが、私が好きなのはフェミニン系ですから、やっぱり、フェミニン系ファッションに身を包んだモデルさんを真似しますね。それに、若い子向けファッションでのモデルさんポーズより、OL以上の年齢の大人の女性が着る服を着たときの、モデルさんのポーズのほうが好みなんですね。

憧れの女装っ子は新八犬伝の犬坂毛野

私が思春期の年齢だったころ、テレビで「新八犬伝」という人形劇ドラマがやっていました。原作は曲亭馬琴の「南総里見八犬伝」ですが、原作のほうは読んだことはありません(かなりの長編らしいから、現代語訳でも読むのが大変でしょうね)。

この物語に登場するヒーローチーム・・里見の八犬士のひとりに犬坂毛野がいます。この犬坂毛野、美少年で女装すれば、完全に女性にしか見えないというキャラクターで、敵方に侍女として潜入したりもするんですね。(だけど、八犬士は牡丹のあざが、それぞれ身体のどこか一箇所にあるので、それで見破られたというエピソードもありました。)

美少年といってもヒーローチーム・・八犬士の一人ですから、戦士としての力もちゃんとあるわけで、つまりは、男としてのかっこよさもあって、同時に女性になろうと思えば、完璧に変身できるほどの容姿もあるわけです。「新八犬伝」を見ながら、犬坂毛野のようになれたらいいなと思っていました。

私は子供の頃から運動が苦手で、体育の時間が嫌いな子だったから、女装もするけど、男としての身体能力も高くてかっこいい犬坂毛野によけいに憧れたのかもしれません。

男としてもかっこよくて(だから、女性にもてる)、そして完璧に女にもなれるような人になりたいなんて、考えてみれば、ずいぶん贅沢な願望ですね。逆に、そうした願望を持ち続けていたから、同性愛願望で女装というのにも、性同一障害にも自分は当てはまらないと感じましたし、そのために自分の女装願望がいったい何なのか、なかなか分からなかったんですね。


男でも女でも自在に変身できるキャラクターというと、アニメ「科学忍者隊ガッチャマン」に出てくる、悪の組織ギャラクターの首領ベルク・カッツェがいますね。男女の双子として生まれてくるはずだった子供が、宇宙人(ギャラクターの総裁X)の力によって、雌雄同体で生まれたミュータントという設定です。男にも女にもなるんですが、どっちになっても、やはり悪役キャラの外見ですから、そういうのには気持ちが入っていけないですね。やっぱり、主役側でないと。

それから、もう一つ、登場人物ではなく変身道具ですが、自分も欲しいと思ったものがありました。アニメ「ひみつのアッコちゃん」の魔法のコンパクト。これなら、好きなときに、好みのタイプの女性に自在に変身できますからね。

inserted by FC2 system